next up previous
: Research Meetings : cv0210a : Books

University/Institute Memoirs

1
T. Asano, T. Asano and H. Imai: Partitioning a Polygonal Region into Trapezoids. 数理解析研究所講究録, ``計算機科学の基礎理論", Vol.522, 京都大学, May 1984, pp.26-52.

2
H. Imai: Dynamic Orthogonal Segment Intersection Search and Its Applications. 数理解析研究所講究録, ``グラフ理論とその応用", Vol.534, 京都大学, August 1984, pp.247-261.

3
今井浩:ネットワークのアルゴリズム.昭和63年電気・情報関連学会連合大会 プログラム.25-2,October 1988,pp.127-130.

4
今井浩:折れ線近似問題 -- 計算幾何学,グラフ理論による アプローチ. 統計数理研究所研究集会 ``グラフ理論の数値計算への応用" (1986年7月開催),統計数理研究所, 東京, January 1987, pp.54-60.
H. Imai: Polygonal Approximations of a Curve -- Computational-Geometric and Graph-Theoretical Approach (in Japanese). Statistical Research Institute, Research Meeting on Applications of Graph Theory to Numerical Computation, Tokyo, July 1986.

5
山本ピーター,今井桂子,今井浩: On the Orthogonal $L_1$ Linear Approximation Problem. 数理解析研究所講究録,``計算アルゴリズムと 計算量の基礎理論'', Vol.666, 京都大学, July 1988, pp.275-284.
P. Yamamoto, K. Imai and H. Imai: On the Orthogonal $L_1$ Linear Approximation Problem. Memoirs of the Research Institute of Mathematical Science, February 1988.

6
今井浩, 青沼裕美, 加藤研児, 神代伸彦, 上林弥彦: 利用者インタフェースとしての 文字自動配置機能. 数理解析研究所講究録, ``計算アルゴリズムと 計算量の基礎理論'', Vol.695, 京都大学, July 1989, pp.65-74.

7
徐海燕, 炭野重雄, 上林弥彦, 今井浩:既存のCADシステムによるCADデータベース 機能の実現. 九州大学工学集報, Vol.63, No.2 (March 1990), pp.135-142.

8
今井浩: 平面ネットワークフロー問題に対する内点法での線形計算技法と その計算機実験. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.19, 1990, pp.91-97.

9
青沼裕美, 今井浩, 今井桂子, 徳山豪: 凸多角形の多角形領域内へのmaximin配置 問題とそれに関連した動的Voronoi図. 数理解析研究所講究録, ``アルゴリズムと 計算量の理論'', 京都大学, Vol.731, October 1990, p.177-186.

10
今井桂子,今井浩: 1つの変数に関して低次の交線をもつ代数曲面の アレンジメントについて.数理解析研究所講究録, Vol.754, 京都大学, 1991, pp.220-227.

11
H. Imai: Algorithms for Planar Network Flow. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.29, 1991, pp.213-222.

12
今井桂子,今井浩: 高次の動的Voronoi図とその応用. 数理解析 研究所講究録, Vol.790, 京都大学, June 1992, pp.222-228.

13
H. Imai: Some Results for the Multiplicative Penalty Function Method for Linear Programming. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.35, 1992, pp.9-13.

14
青木保一, 今井浩, 今井桂子: 超平面/曲面のアレンジメントの組合せ 論的性質. 数理解析研究所講究録, ``数理モデルの解析における組合せ論的様相'', Vol.802, 京都大学, August 1992, pp.41-53.

15
今井浩, 大前剛志: 0-1整数計画問題における実数ベクトルの整数ベクトルへの丸め. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.45, 1993, pp.381-385.

16
K. Imai and H. Imai: Generalized Geometric Fitting Problems and Weighted Dynamic Voronoi Diagrams. 数理解析研究所講究録, ``数理モデルの解析における組合せ論的様相'', Vol.833, 京都大学, 1993, pp.110-119.

17
M. Inaba, N. Katoh and H. Imai: Randomized Algorithms for Variance-Based $k$-clustering. 数理解析研究所講究録, Vol.871, 京都大学, 1994, pp.124-129.

18
H. Imai: Computational Geometry and Linear Programming. 数理解析研究所講究録, ``計算幾何学と離散幾何学'', Vol.872, 京都大学, 1994, pp.49-64.

19
S. Hasegawa, H. Imai, M. Inaba, N. Katoh and J. Nakano: Efficient Algorithms for Variance-Based $k$-Clustering. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム4'', Vol.53, 1994, pp.172-185.

20
M. Inaba, N. Katoh and H. Imai: Algorithms for Variance-Based $k$-Clustering Based on Weighted Voronoi Diagrams and Randomization. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム5'', Vol.61, 1995, pp.73-80.

21
池田崇博, 今井浩: 文字列アラインメント問題に対する高速なA${}^*$ アルゴリズムとその計算機実験による有効性の検証. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム6'', Vol.77, 1995, pp.14-25.

22
関根京子, 今井浩: Jones多項式の計算. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム9'', Vol.92, November 1996, pp.1-10.

24
今井浩, 今井桂子: 3角形分割と凸多面体. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.934 (1996), pp.149-166.

24
K. Imai and H. Imai: Enumeration of Regular Triangulation. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.950, 1996, pp.126-132.

25
関根京子, 今井浩: Tutte多項式とJones多項式の計算. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.950, 1996, pp.133-139.

26
今井浩, 稲葉真理: 連続系アルゴリズムの離散最適化への適用. 第46回応用力学連合講演会講演論文抄録集, January 1997, No.114, pp.249-250.

27
今井浩, 稲葉真理, 中出元樹: 離散最適化でのアルゴリズム設計パラダイム. 第46回応用力学連合講演会講演論文抄録集, January 1997, No.115, pp.251-252.

28
今井浩,渋谷哲朗: 複数アラインメント問題に対する$k$-OPTアルゴリズム. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム10'', Vol.97, March 1997, pp.10-17.

29
Y. Kyoda and H. Imai: A Branch-and-Cut Exact Algorithm for Minimum Length Triangulation. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム10'', Vol.97, March 1997, pp.136-146.

30
F. Takeuchi, H. Imai and K. Imai: Enumerating Triangulations for Arbitrary Configurations of Points and for Products of Two Simplices. 数理解析研究所講究録, ``計算理論とその応用'', Vol.992, 京都大学, 1997, pp.98-105.

31
N. Park, H. Imai, S. Nishimura, H. Shiomura and K. Tenmoku: Designing Heuristics for the Capacitated Vehicle Routing Problem. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム11'', Vol.104, December 1997, pp.1-18.

32
渋谷哲朗, 今井浩: 複数生物学的配列のアラインメントのパラメトリック 的考察. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム11'', Vol.104, December 1997, pp.110-117.

33
今井浩, 今井桂子: BDDによる計算代数・計算幾何の不変量計算. 京大数理解析研究所講究録, Vol.1041, April 1998, pp.12-18.

34
A. Tajima and H. Imai: Optimality and Integer Programming Formulations of Triangulations in General Dimension. 京大数理解析研究所講究録, Vol.1068, 1998, pp.110-120.

35
F. Takeuchi, K. Imai and H. Imai: Polytopes of Linear Programming Relaxation for Triangulations. 京大数理解析研究所講究録, Vol.1068, 1998, pp.121-133.

36
H. Kobayashi and H. Imai: Improvement of the A${}^*$ Algorithm for Multiple Sequence Alignment. 統計数理研究所共同研究レポー ト, Vol.113, November 1998, pp.58-69.

37
大西建輔, 稲葉真理, 定兼邦彦, 今井浩: 双対平坦空間でのVoronoi図と 幾何クラスタリング. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.113, November 1998, pp.86-90.

38
A. Tajima and H. Imai: Optimality and Integer Programming Formulations of Triangulations. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.113, November 1998, pp.130-140.

39
M. Inaba, H. Imai and K. Sadakane: Computational Geometry on Statistical Manifolds for Clustering. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.1093, 1999, pp.21-26.

40
徳永裕己, 今井浩: 量子計算機シミュレーションシステム. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.1120, 1999, pp.110-119.

41
今井浩, 関根京子: グラフのTutte多項式計算システム. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.1120, 1999, pp.120-129.

42
H. Kobayashi and H. Imai: An EM-type Algorithm for Ordered Restriction Map Alignment. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.125, February 2000, pp.232-251.

43
M. Inaba, H. Imai and K. Sadakane: Voronoi Diagrams and Clustering in Information Geometry -- Their Computational and Combinatorial Complexity. 統計数理研究所共同研究レポート, Vol.132, 2000, pp.74-87.

44
T. Ishizeki and H. Imai: Grobner Bases of Acyclic Tournamtn Graphs and Hypergeometric Systems on the Group of Unipotent Matrices. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.1171, 2000, pp.7-20.

45
T. Yamasaki, H. Kobayashi, Y. Tokunaga and H. Imai: On the Power of One-Way Quantum Qutomata with One Counter. 京都大学数理解析研究所講究録, ``代数系,形式言語および計算理論'', 2000.

46
恐神貴行, 今井浩: 看護婦スケジューリング問題に対する様々な近傍操作の分類. 統計数理研究所共同研究レポート, ``最適化とモデリング14'', Vol.135, 2000, pp.77-91.

47
T. Ishizeki and H. Imai: Grobner Bases for Toric Ideals of Acyclic Directed Graphs and Their Applications to Minimum Cost Flow Problem. 統計数理研究所共同研究レポート, ``最適化とモデリング14'', Vol.135, 2000, pp.152-165.





IMAI Hiroshi 平成14年10月17日