next up previous
: II. 教育実績 : cv0210a : University/Institute Memoirs

Research Meetings

1
今井浩:最大流算法の実際的評価. 日本OR学会1981年度秋季研究発表会アブス トラクト集, E-I-3, 1981年11月, pp.112-113.
H. Imai: Practical Estimation of Maximum Flow Algorithms (in Japanese). Proceedings of the 1981 Fall Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, E-I-3, November 1981, pp.112-113.

2
今井浩, 伊理正夫, 室田一雄:Voronoi Diagramの一般化. 日本OR学会1981 年度秋季研究発表会アブストラクト集, E-I-5, 1981年11月, pp.116-117.
H. Imai, M. Iri and K. Murota: Generalizations of the Voronoi Diagram (in Japanese). Proceedings of the 1981 Fall Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, E-I-5, November 1981, pp.116-117.

3
今井浩, 浅野孝夫:長方形の交グラフの連結成分を求める算法. 日本OR学会1981年度秋季研究発表会アブストラクト集, E-I-6, 1981年11月, pp.118-119.
H. Imai and T. Asano: Algorithm for Finding the Connected Components of an Intersection Graph of Rectangles (in Japanese). Proceedings of the 1981 Fall Research Meetings of the Operations Research Society of Japan, E-I-6, November 1981, pp.118-119.

4
今井浩, 伊理正夫:最短路算法とその実際的評価. 日本OR学会春季研究発表会 アブストラクト集, 2C-2, 1982年3月, pp.183-184.
H. Imai and M. Iri: Shortest-Path Algorithms and Their Practical Efficiencies (in Japanese). Proceedings of the 1982 Spring Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 2C-2, March 1982, pp.183-184.

5
今井浩:ネットワーク・フローとカット関数から非負定数を引いて得られる 劣モジュラ関数. 日本OR学会1982年度秋季研究発表会アブストラクト集, E-9, 1982年9月, pp.154-155.
H. Imai: Network-Flow Algorithms for Submodular Functions Arising from Cut-Functions minus a Constant (in Japanese). Proceedings of the 1982 Fall Research Meetings of the Operations Research Society of Japan, E-9, September 1982, pp.154-155.

6
今井浩:基本分割の算法的考察. 日本OR学会1983年度春季研究発表会 アブストラクト集, C-3, 1983年3月, pp.94-95.
H. Imai: Algorithmic Aspects of the Principal Partition (in Japanese). Proceedings of the 1983 Spring Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, C-3, March 1983, pp.94-95.

7
H. Imai: Lower-Truncated Transversal Polymatroids and Related Problems. CAS83-125, Papers of the Technical Group on Circuits and Systems, Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan, September 1983.

8
今井浩:ネットワークの容量修正問題. 日本OR学会1983年度秋季研究発表会 アブストラクト集, B-12, 1983年10月, pp.81-82.
H. Imai: Problem of Modifying the Capacities of a Network (in Japanese). Proceedings of the 1983 Fall Research Meetings of the Operation Research Society of Japan, B-12, October 1983, pp.81-82.

9
H. Imai and T. Asano: An Efficient Algorithm for Finding a Maximum Matching of an Intersection Graph of Horizontal and Vertical Line Segments. CAS83-143, Papers of the Technical Group on Circuits and Systems, Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan, November 1983.

10
今井浩, 浅野孝夫:水平・垂直線分の交差探索問題. 日本OR学会1984 年度春季研究発表会アブストラクト集, 1-C-6, 1984年5月, pp.113-114.
H. Imai and T. Asano: Intersection Search Problems for horizontal and Vertical Segments (in Japanese). Proceedings of the 1984 Spring Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 1-C-6, May 1984, pp.113-114.

11
H. Imai: Matroidal and Non-Matroidal Aspects of Line Drawings of Polyhedra. CAS84-62, Papers of the Technical Group on Circuits and Systems, Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan, August 1984.

12
今井浩, 早苗弘喜, 伊理正夫:三角バケットを用いた平面マッチング近似算法. 日本OR学会秋季研究発表会アブストラクト集, 2-D-4, 1984年11月, pp.157-158.
H. Imai, H. Sanae and M. Iri: A Planar-Matching Heuristic by Means of Triangular Buckets (in Japanese). Proceedings of the 1984 Fall Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 2-D-4, November 1984, pp.157-158.

13
H. Imai and T. Asano: An O$(n\log n)$ Greedy Heuristic for the Minimum Chord-Length Rectangular Partition. CAS84-115, Papers of the Technical Group on Circuits and Systems, Institute of Electronics and Communication Engineers of Japan, November 1984.

14
伊理正夫, 今井浩:LPの一解法 -- Karmarkar法, 罰金法とも関係して. 日本OR学会数理計画研究部会, 1985年2月.
M. Iri and H. Imai: A Method for LP -- In Connection with Karmarkar's Method and the Penalty Method. Research Meeting of the Research Group on Mathematical Programming of the Operations Research Society of Japan, February 1985.

15
今井浩, 浅野哲夫, 浅野孝夫:可視性問題と障害物がある平面での最短路問題. 日本OR学会1985年度秋季研究発表会アブストラクト集, 2-C-9, 1985年10月, pp.162-163.
H. Imai, T. Asano and T. Asano: Visibility and Shortest Paths in the Plane with Obstacles. Proceedings of the 1985 Fall Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 2-C-9, October 1985, pp.162-163.

16
H. Imai: On an Extension of Iri's Multiplicative Penalty Function Method for Linear Programming. 日本OR学会1986年度春季研究発表会 アブストラクト集, 1-A-3, 1986年5月, pp.30-31.
H. Imai: On an Extension of Iri's Multiplicative Penalty Function Method for Linear Programming. Proceedings of the 1986 Spring Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 1-A-3, May 1986, pp.30-31.

17
H. Imai: On the Laguerre-Voronoi Diagram. COMP86-22, IECEJ Technical Report on Computation, July 1986.

18
今井浩:線形計画法に対する新解法について.昭和61年度電気関係学会 九州支部連合会大会論文集,824, 1986年9月, p.438.
H. Imai: On a New Method for Linear Programming (in Japanese). 1986 Kyushu Joint Conference of Institutes on Electrical Engineering, 824, September 1986, p.438.

19
今井浩,鶴薫:折れ線関数近似問題のアルゴリズムとその検討. 昭和61年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,825, 1986年9月, p.439.
H. Imai and K. Tsuru: Algorithms for Approximating a Piecewise Linear Functions and Their Efficiencies (in Japanese). 1986 Kyushu Joint Conference of Institutes on Electrical Engineering, 825, September 1986, p.439.

20
今井浩,有松正知:折れ線の長方形被覆とその折れ線データ処理への応用. 昭和61年度電気関係学会九州支部連合会大会論文集,826, 1986年9月, p.440.
H. Imai and M. Arimatsu: Rectangular Covering of a Polygonal Curve and Its Applications to Handling Plolygonal Data (in Japanese). 1986 Kyushu Joint Conference of Institutes on Electrical Engineering, 826, September 1986, p.440.

21
今井浩,伊理正夫:計算幾何学と折れ線近似問題.情報処理学会第33回 (昭和61年後期)全国大会論文集,5X-6,1986年10月,pp.31-32.
H. Imai and M. Iri: Computational Geometry and Polygonal Approximations of a Curve (in Japanese). Proceedings of the 33th Annual Convension IPS Japan, 5X-6, October 1986, pp.31-32.

22
H. Imai and T. Asano: Applications of the Priority Search Tree to Circle Graph Problems. Proceedings of 1986 Joint Technical Conference on Circuits and Systems, KIEE and IECEJ, Seoul, October 1986, pp.113-119; also available as CAS 86-112, IECEJ Tecchnical Report on Circuits and Systems, October 1986.

23
今井浩: Convexity of Karmarkar's Potential Function. 日本OR学会1987年春期研究発表会アブストラクト集,1-C-7, 1987年5月,pp.75-76.
H. Imai: Convexity of Karmarkar's Potential Function. Proceedings of the 1987 Spring Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 1-C-7, May 1987, pp.75-76.

24
H. Imai, K. Kato and P. Yamamoto: Linear-Time Algorithms for Linear $L_1$ Approximation of Points and Related Problems. Proceedings of 1987 Joint Technical Conference on Circuits and Systems, IEICE and KIEE, Tokyo, July 1987; also available as CAS 87-92, IEICE Technical Report on Circuits and Systems, July 1987.

25
D. Avis and H. Imai: Locating a Robot with Angle Measurements. COMP87-24, IEICE Technical Report on Computation, July 1987.

26
H. Imai: Constrained Segment-Center Problem. 日本OR学会秋期研究発表会 アブストラクト集,1-C-6,1987年10月,pp.56-57.
H. Imai: Constrained Segment-Center Problem. Proceedings of the 1987 Fall Research Meeting of the Operations Research Society of Japan, 1-C-6, October 1987, pp.56-57.

27
今井浩:ロボットの位置決めアルゴリズム.昭和62年度電子情報通信学会 情報・システム部門全国大会論文集,56, 1987年11月,p.56(1).
H. Imai: Algorithms for Locating a Robot (in Japanese). National Conference Record, 1987, Infomation and Systems, IEICE, 56, November 1987, pp.56(1).

28
有川正俊,上林彌彦,今井浩:地理データベースへのオブジェクト 指向図形データベースモデルの適用.昭和62年度電子情報通信学会 情報・システム部門全国大会論文集,586, 1987年11月,p.253(2).
M. Arikawa, Y. Kambayashi and H. Imai: Application of Object Oriented Pictorial Database Model to Geographic Databases (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 586, November 1987, pp.253(2).

29
今井浩,有松正知:折れ線の部分点列による近似問題. 昭和62年度電子情報通信学会情報・システム部門全国大会論文集,623, 1987年11月,p.290(2).
H. Imai and M. Arimatsu: Approximating a Polygonal Curve by Its Subchain Curve (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 623, November 1987, p.290(2).

30
今井浩,加藤研児,山本ピーター:$L_1$直線近似問題に対するアルゴリズム. 昭和62年度電子情報通信学会情報・システム部門全国大会論文集,58, 1987年11月, p.58(1).
H. Imai, K. Kato and P. Yamamoto: Algorithms for the L1 Linear Approximation Problem (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 58, November 1987, p.58(1).

31
上林彌彦,今井浩,黒田澤希,内田佳宏,江島博文:データベース上の 論理回路教育システムの構成.昭和62年度電子情報通信学会情報・システム 部門全国大会論文集,628, 1987年11月,p.295(2).
Y. Kambayashi, H. Imai, T. Kuroda, Y. Uchida and H. Ejima: Design of a Database-Based Logic Circuit Design Education System (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 628, November 1987, p.295(2).

32
今井浩,青沼裕美,有川正俊,上林彌彦:図形データベースにおける 属性文字配置問題について.昭和62年度電子情報通信学会情報・システム 部門全国大会論文集, 587, 1987年11月,p.254(2).
H. Imai, H. Aonuma, M. Arikawa and Y. Kambayashi: On Location Problems for Attribute String Data in Pictorial Database (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 587, November 1987, p.254(2).

33
上林彌彦,今井浩,内田佳宏,黒田澤希:データベース上の論理回路設計教育 システムにおけるデータベース設計.昭和62年度電子情報通信学会 情報・システム部門全国大会論文集,629, 1987年11月,p.296(2).
Y. Kambayashi, H. Imai, Y. Uchida and T. Kuroda: Database Design of a Database-Based Logic Circuit Design Education System (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 629, November 1987, p.296(2).

34
今井浩,上林彌彦,江島博文:論理回路設計教育システムにおけるレイアウト 教育.昭和62年度電子情報通信学会情報・システム部門全国大会論文集,630, 1987年11月, p.297(2).
H. Imai, Y. Kambayashi and H. Ejima; Layout Education in Logic Circuits Design Education System (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 630, November 1987, p.297(2).

35
今井浩,炭野重雄:球面上のミニマックス型及びマックスミニ型配置問題. 昭和62年度電子情報通信学会情報・システム部門全国大会論文集,57, 1987年11月, p.57(1).
H. Imai and S. Sumino: Minimax and Maximin Facility Location Problems on a Sphere (in Japanese). National Conference Record, 1987, Information and Systems, IEICE, 57, November 1987, pp.57(1).

36
今井浩,炭野重雄,今井桂子:円周上,球面上のミニマックス配置問題の 計算複雑度について.電子情報通信学会コンピュテーション研究会, COMP87-53, 1987年11月.
H. Imai, S. Sumino and K. Imai: On the Complexity of Minimax Location Problems on a Circle and a Sphere (in Japanese). COMP87-53, IEICE Technical Report on Computation, November 1987.

37
今井浩,加藤研児:点集合に対する重み付きL1直線近似問題に対する線形 アルゴリズム.電子情報通信学会コンピュテーション研究会,COMP87-54, 1987年11月.
H. Imai and K. Kato: A Linear-Time Algorithm for Weighted Linear L1 Approximation of Points (in Japanese). COMP87-54, IEICE Technical Report on Computation, November 1987.

38
今井浩:直線分施設のミニマックス配置問題.電子情報通信学会回路と システム研究会,CAS87-206, 1987年12月.
H. Imai: Minimax Location Problem of a Line Segment. CAS87-206, IEICE Technical Report on CAS, December 1987.

39
今井浩,炭野重雄,内藤史門:点集合の正方格子度判定アルゴリズムに ついて.情報処理学会全国大会.

40
炭野重雄,今井浩,内藤史門:点集合の正方格子度を求めるアルゴリズム. 電子情報通信学会コンピュテーション研究会,COMP88-15, 1988年5月.
S. Sumino, H. Imai and S. Naito: An Algorithm for Fitting a Perfect Grid to a Set of Points. IEICE Technical Report on Computation, COMP88-15, May 1988.

41
H. Imai, H. Aonuma and Y. Kambayashi: Automatically Placing Characters in Multimedia Geographical Databases. IEICE Technical Report on Data Engineering, DE, July 1988.

42
P. Yamamoto, K. Kato, K. Imai and H. Imai: Algorithms for $L_1$ Linear Approximation of Points. Special Interest Group Notes, IPSJ, 88-AL-2-1, July 1988.

43
今井浩:理論教育の現状と課題--計算幾何学,VLSI等. 昭和63年電子情報通信学会秋季全国大会,PD-3-4, 1988年9月, pp.D-1:261-262.
H. Imai: The State of the Art and Furture Problems in Education of Theory -- Computational Geometry, VLSI, etc.

44
今井桂子,今井浩:対応の与えられた点集合間のミニマックス近似問題 について.情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会,1988年9月.
K. Imai and H. Imai: On the Minimax approximation of Two Corresponding Sets of Points.

45
今井浩,炭野重雄:拡大縮小を考慮した点集合の正方格子度を求める アルゴリズム.情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会, 1988年9月.
H. Imai and S. Sumino: An Algorithm for Fitting a perfect Grid to a Set of Points by Rotation, Translation and Scaling.

46
加藤研児,今井浩:3次元の点集合の$L_1$平面近似問題に対する 線形時間アルゴリズム.情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会, 1988年9月.
K. Kato and H. Imai: A Linear-Time Algorithm for planar $L_1$ Approximation of Points in 3-Dimensional Space.

47
今井浩,青沼裕美,上林弥彦:マルチメディア地理データベースにおける 文字配置の自動化.情報処理学会第37回(昭和63年後期)全国大会, 1988年9月.
Automatic Character Placing in Multimedia Geographical Databases.

48
今井浩:線形計画法の新解法について--アフィンスケーリング法を中心に. 日本オペレーションズ・リサーチ学会1988年度秋季研究発表会 アブストラクト集,I-1, 1988年9月,pp.126-127.

49
T. Asano, H. Imai and A. Mukaiyama: A Faster Algorithm for Finding a Maximum Weight Independent Set of a Circle Graph. SIGAL 89-AL-5-18, January 1989.

50
H. Imai and N. Katoh: Algorithms for Finding $k$ Points with Minimum Variance and Diameter. SIGAL 89-AL-7-1, May 1989.

51
T. Asano, H. Imai and K. Imai: Clustering/Hashing Points in the Plane with Maxmin Criteria. SIGAL 89-AL-8-4, June 1989.

52
今井浩, 青沼裕美, 加藤研児, 神代伸彦, 上林弥彦: 利用者インタフェースとしての 文字自動配置機能. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.695 (July 1989), pp.65-74.
Automatic Character Placing Function as a User Interface

53
H. Imai: A Note on Implementing Interior Methods for Planar Minimum Cost Flow Problem. SIGAL 89-AL-9-1, July 1989.

54
H. Aonuma, H. Imai and T. Tokuyama: Some Voronoi Diagrams for Character Placing Problems in Map Databases. SIGAL 89-AL-10-5, September 1989.

55
S. Sumino and H. Imai: Matching Two Sets of Points in $L_\infty$ Distance. Technical Report SIGAL 15-3, IPSJ, May 1990.
炭野重雄, 今井浩:$L_\infty$距離に関する点集合間のマッチング問題. 情報処理学会アルゴリズム研究会研究報告SIGAL 15-3, 1990年5月.

56
H. Imai: On the Polynomiality of the Time Complexity of the Multiplicative Penalty Function Method for Linear Programming. Technical Report 16-2, IPSJ, July 1990.

57
青沼裕美, 今井浩, 今井桂子, 徳山豪: 凸多角形の多角形領域内へのmaximin配置 問題とそれに関連した動的Voronoi図. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.731 (October 1990), p.177-186.
Maximin Polygon Containment Problems and Related Dynamic Voronoi Diagrams.

58
H. Imai: One-Dimensional Geometric Fitting Problem of Two Corresponding Sets of Points. Technical Report SIGAL 18-5, IPSJ, November 1990.

59
今井桂子,今井浩: 1つの変数に関して低次の交線をもつ代数曲面の アレンジメントについて.京都大学数理解析研究所講究録, Vol.754, pp.220-227.

60
今井桂子,今井浩: 高次の動的Voronoi図とその応用. 京都大学数理解析 研究所講究録, Vol.790, 1992年6月, pp.222-228.

61
今井桂子, 今井浩: 重みつき・高次のVoronoi図について. 情報処理学会 アルゴリズム研究会研究報告29-4, 1992年9月.
K. Imai and H. Imai: On Weighted and Higher-Order Dynamic Voronoi Diagrams. Technical Report SIGAL 29-4, IPSJ, September 1992.

62
Y. Dai, H. Imai, K. Iwano and N. Katoh: A New Approach to Semi-Online Problems. Technical Report SIGAL 29-6, IPSJ, September 1992.

63
徐敏尭, 今井浩, 西村茂樹, 下浦弘, 橋本武夫, 天目健二, 三藤邦彦: 経路誘導における最短路問題の解法について. 電子情報通信学会回路とシステム研究会信学技法CAS93-60, 1993.
M.-Y. Hsu, H. Imai, S. Nishimura, H. Shimoura, T. Hashimoto, K. Tenmoku and K. Mitoh: On the Shortest-Path Algorithms for Route Navigation. IEICE Technical Report CAS93-60, 1993.

64
K. Sekine, H. Imai and S. Tani: Computation of the Tutte Polynomial and BDD. Technical Report COMP 95-40, IEICE, 1995.

65
K. Sekine and H. Imai: Computing the Tutte Polynomial of a Graph and the All-Terminal Network Reliability. Abstracts of the 1995 Fall National Confernece of ORSJ, 1-E-10, 1995, pp.122-123.

66
K. Sekine and H. Imai: Computation of the Tutte Polynomial and Network Reliability. IPSJ SIG Notes SIGAL-47-6, IPSJ, 1995.

67
H. Imai and K. Sekine: Computing the Network Reliability of a Directed Graph via BDDs. Technical Report CAS 95-85, IEICE, 1995.

68
H. Imai, S. Iwata, K. Sekine and K. Yoshida: Combinatorial and Geometric Approaches to Counting Problems on Linear Matroids, Graphic Arrangements and Partial Orders. IPSJ SIG Notes SIGAL-50-7, IPSJ, 1996.

69
関根京子, 今井浩: Tutte多項式とJones多項式の計算. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.950 (1996), pp.133-139.

70
関根京子, 今井浩: Jones多項式の計算. 統計数理研究所共同研究レポート``最適化: モデリングとアルゴリズム9'', Vol.92, November 1996, pp.1-10.

71
H. Imai, S. Iwata, K. Sekine and K. Yoshida: Combinatorial and Geometric Approaches to Counting Problems on Linear Matroids, Graphic Arrangements and Partial Orders. IPSJ SIG Notes SIGAL-50-7, IPSJ, March 1996.

72
今井浩, 今井桂子: 3角形分割と凸多面体. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.934 (1996), pp.149-166.

73
渋谷哲朗, 今井浩: 複数生物学的配列のアラインメントのパラメトリック 的考察. 情報処理学会アルゴリズム研究会SIGAL-52-4, 1996.

74
T. Shibuya and H. Imai: Suboptimal Alignments of Multiple Biological Sequences. IPSJ SIG Notes SIGAL51-1, IPSJ, 1996.

75
Y. Kyoda and H. Imai: A Branch-and-Cut Approach for Minimum Length Triangulation. IPSJ SIG Notes SIGMPS-8-3, IPSJ, July 1996.

76
K. Imai and H. Imai: Enumeration of Regular Triangulation. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.950, 1996, pp.126-132.

77
関根京子, 今井浩: Tutte多項式とJones多項式の計算. 京都大学数理解析研究所講究録, Vol.950, 1996, pp.133-139.

78
稲葉真理, 今井浩, 加藤直樹: `ランダマイズドクラスタリングアルゴリズムに関する実験結果について'. 情報処理学会研究報告SIGAL-53-12, IPSJ, September 1996.

79
関根京子, 今井浩: ネットワーク信頼度計算に対するモンテカルロ法と BDDを用いた厳密法の計算機実験を通した考察. 情報処理学会研究報告SIGAL-54-4, October 1996.

80
今井浩, 稲葉真理: 連続系アルゴリズムの離散最適化への適用. 第46回応用力学連合講演会講演論文抄録集, January 1997, No.114, pp.249-250.

81
今井浩, 稲葉真理, 中出元樹: 離散最適化でのアルゴリズム設計パラダイム. 第46回応用力学連合講演会講演論文抄録集, January 1997, No.115, pp.251-252.

82
中出元樹, 朴成浩, 今井浩, 西村茂樹, 下浦弘, 天目健二: 車両配送問題のタブー探索による解法の実験的解析. 情報処理学会アルゴリズム研究会SIGAL-55-10, January 1997.

83
渋谷哲朗, 今井浩: 複数生物学的配列のアラインメントのパラメトリック 的考察. 情報処理学会アルゴリズム研究会SIGAL-52-4, 1996.

84
T. Shibuya and H. Imai: Suboptimal Alignments of Multiple Biological Sequences. IPSJ SIG Notes SIGAL-51-1, IPSJ, 1996.

85
M. Inaba and H. Imai: Geometry Helps Clustering Texts in Information Retrieval and Text Databases. 情報処理学会研究報告. アルゴリズム研究会報告, SIGAL-60, pp.73-78 (1998.01)

86
浅野泰仁, 今井浩: 単一始点最短路問題(SSSP)線形時間アルゴリズムの実際的評価, 情報処理学会研究報告. アルゴリズム研究会報告, SIGAL-62, pp.1-8 (1998.05)

87
遠藤雅也, 今井浩: 多次元空間での最近傍点探索アルゴリズムの実験的解析と拡張, 情報処理学会研究報告. アルゴリズム研究会報告, SIGAL-62, pp.41-48 (1998.05)

88
A. Tajima and H. Imai: Optimality and Integer Programming Formulations of Triangulations,情報処理学会研究報告. アルゴリズム研究会報告, SIGAL-63-4 Num. 62 pp.25-32 (1998.07)

89
定兼邦彦, 今井浩: Web文書とゲノム文字列に対する巨大なSuffix arrayの構成,情 報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, SIGDB-116, pp.295-301 (1998.07)

90
遠藤雅也, 今井浩: 多次元特徴空間での近接履歴グラフを用いた最近傍点探索の実 際,情報処理学会研究報告. データベース・システム研究会報告, SIGDB-116-67, pp.311-318 (1998.07)

91
K. Sadakane, H. Imai: $k$-単語近接検索について. SIGAL68-4, May 1999.

92
今井桂子,今井浩, 関根京子: 絡み目のJones多項式計算の実際. 信学技報COMP99-15, May 1999.

93
今井浩: GIS標準化の動向. 信学技報DE99-5, June 1999.

94
徳永裕己, 長井歩,今井浩: 量子コンピュータの汎用的シミュレータと因数分解の実験. 情報基礎理論ワークショップ, 1999.

95
徳永裕己, 小林弘忠, 今井浩: Grover のデータベース検索量子アルゴリズム の応用とその実際的評価. SIGAL-70-5, November 1999.

96
石関隆幸, 今井浩: トーナメントグラフのトーリックイデアルの Grobner 基底について. SIGAL-70-3, November 1999.

97
小林弘忠, 石関隆幸, 遠藤雅也, 今井浩, 西村茂樹, 下浦弘, 天目健二: 2地点での車両観測情報からの全域的交通流解析. 情報処理学会高度道路交通システム研究グループ研究報告, March 2000.

98
小林弘忠,石関隆幸,遠藤雅也,今井浩,西村茂樹,下浦弘,天目健二: 2地点車両観測情報からの全域的交通流解析アルゴリズム. SIGAL 72-3, March 2000.

99
山崎智弘,小林弘忠,徳永裕己,今井浩: 1方向可逆確率1カウンタ有限オートマトンと1方向量子1カウンタ 有限オートマトンについて. SIGAL-73-7, 2000.

100
山崎智弘, 今井浩: Shorのアルゴリズム専用シミュレーションシステム. SIGAL-73-8, 2000.

101
山崎智弘, 小林弘忠, 徳永裕己, 今井浩: カウンタの干渉効果を用いた1方向量子1カウンタ有限オートマトンについて. 第3回量子情報技術研究会, 2000.

102
今井浩, 関根京子: ネットワークシステムの信頼性の定量的評価法. 日本OR学会平成12年度秋期研究発表会アブストラクト集, 2-A-6, 2000.

103
小林弘忠, 石関隆幸, 遠藤雅也, 今井浩, 西村茂樹, 下浦弘, 天目健二: 2地点での車両観測情報からの全域的交通流解析. 情報処理学会高度道路交通システム研究グループ研究報告, SIGITS, 2000.

104
小林弘忠,石関隆幸,遠藤雅也,今井浩,西村茂樹,下浦弘,天目健二: 2地点車両観測情報からの全域的交通流解析アルゴリズム. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 72-3, March 2000.

105
山崎智弘,小林弘忠,徳永裕己,今井浩: 1方向可逆確率1カウンタ有限 オートマトンと1方向量子1カウンタ有限オートマトンについて. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 73-7, May 2000.

106
山崎智弘, 今井浩: Shorのアルゴリズム専用シミュレーションシステム. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 73-8, May 2000.

107
山崎智弘, 小林弘忠, 徳永裕己, 今井浩: カウンタの干渉効果を用いた1方向量子1カウンタ有限オートマトンについて, 第3回量子情報技術研究会, 2000.

108
土井晃一郎, 今井浩: データに誤りのある場合のDNAチップを使った配列決定アルゴリズム. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 74-9, September 2000.

109
長井歩, 今井浩: df-pn アルゴリズムの詰将棋解答プログラムへの応用. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 75-2, November 2000.

110
稲葉真理, 今井浩: Feature Space における Voronoi分割の複雑度について. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 75-3, November 2000.

111
岡崎巧, 今井浩: CTW 圧縮における重み付け変数の最適化. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 75-9, November 2000.

112
T. Yamasaki, H. Kobayashi, Y. Tokuanga and H. Imai: Two-Way Quantum One-Counter Automata. 情報処理学会新しい計算パラダイムシンポジウム2000, December 2000, pp.11-18.

113
山崎智弘, 小林弘忠, 徳永裕己, 今井浩: 2 方向量子 1 カウンタオートマトン. 情報処理学会アルゴリズム研究会, SIGAL 76-1, January 2000.

114
今井浩: 量子エントロピーの離散構造. SIGAL-79-1, July 2001.

115
長井歩, 今井浩: 将棋を解くプログラムにおける効率的なハッシュの利用法に ついて SIGAL-79-4, 2001.

116
丹羽純平、松本啓史、今井 浩: 並列量子計算シミュレータについて. SIGAL-81-11, November 2001.

117
石関隆幸, 今井浩: Toric ideal のstandard pair 分解と最小費用流問題. SIGAL-82-3, January 2002.

118
浅野泰仁, 今井浩, 豊田正史, 喜連川優: Webリンクの可視化によるグラフ構造の発見 第13回データ工学ワークショップ(DEWS2002)予稿集, March 2002, no.120.

119
伊藤 剛志, 今井 浩: 有向グラフの推移閉包問題に対するFully Dynamic アルゴリズムの再定式化と実装. SIGAL-84-2, May 2002.

120
中山裕貴, 石関隆幸, 今井浩: 最小費用流問題の双対問題におけるトーリックイデアルの解析. SIGAL-84-13, May 2002.



IMAI Hiroshi 平成14年10月17日