next up previous
Next: index.html Up: 将棋用 style file for Previous: 宣伝

使い方

まず,myshogi.sty を取ってきます. よくは覚えてませんが,color.sty と graphics パッケージは必要です. デフォルトで入っているかも知れません. それで,

37

という出力が欲しいなら,


\documentclass[10pt,a4paper]{j-article}
\usepackage[dvips]{graphicx}
\usepackage[dvips]{color}
\usepackage{myshogi}

\begin{document}

\begin{myshogi}
  \banmen
  \mochigoma{\sente}{0}{0}{0}{1}{0}{0}{0}
  \koma{51}{\gote}{\gyoku}
  \koma{41}{\gote}{\gin}
  \koma{61}{\gote}{\gin}
  \koma{53}{\sente}{\tokin}
  \koma{85}{\sente}{\uma}
\end{myshogi}

\end{document}

でOK!! これだけでも意味は何となく分かると思います.

40

の様に,盤面の一部分が欲しいのなら,

$\backslash$begin{myshogi}$\backslash$begin{myshogip}{1}{9}{1}{6} に,

$\backslash$end{myshogi}$\backslash$end{myshogip} に変えるだけで, 1筋から9筋までの,1段目から6段目までを表示します.

だから,$\backslash$begin{myshogip}{3}{9}{1}{6} とすると,

46

となります. ここからもう少し丁寧に各コマンドを説明します.




\fbox{\parbox{11cm}{\tt $\backslash$begin\{myshogi\}[scale]\\
$\backslash$begi...
...m\_y\}\{to\_y\}\\
$\backslash$end\{myshogi\}\\
$\backslash$end\{myshogip\}}}

将棋環境の開始と終了.ここで解説するコマンドはこの環境の中でしか使えません. $\backslash$begin{myshogi} は盤面全体を扱いたいときに使用し, $\backslash$begin{myshogip} は盤面の一部分を扱いたいときに使用します. 扱う盤面は, from_x筋から to_x筋までの, from_y段目から to_y段目までです. オプションの scale には倍率を指定します. 例えば,$\backslash$begin{myshogi}[0.7] とすると, 全体が 0.7 倍になって表示されます.




\fbox{\parbox{6cm}{\tt $\backslash$banmen[0 or 1]\\
$\backslash$wholebanmen[0 or 1]}}

盤面を表示します.$\backslash$banmen は盤面の部分を表示するのに 対して,$\backslash$wholebanmen は常に盤面全体を表示します. 普通の使い方をする限り,$\backslash$banmen を使います. オプションは,筋や段を表す「1」から「9」,「一」から「九」までの数字を 表示するか否かを指定します.0 は非表示,1 は表示を意味します. デフォルトは 1,つまり表示します.




\fbox{\parbox{17cm}{\tt $\backslash$mochigoma\{$\!\!$手番$\!\!$\}\{$\!\!$飛の枚..
...!$香の枚数$\!\!$\}\{$\!\!$歩の枚数$\!\!$\}\\
$\backslash$nomochigoma\{手番\}}}

持駒を表示します.「手番」のところには,$\backslash$sente または $\backslash$gote を書きます.$\backslash$nomochigoma{手番}$\backslash$mochigoma{手番}{0}{0}{0}{0}{0}{0}{0} と 同義です.




\fbox{\tt $\backslash$lastmove[位置]\{手\}}

直前の手を表示します.「手」には,「▲2三同飛成」のように書きます. オプションに「位置」を指定すると,そのマスには網掛けが施されます. 「位置」は,4七なら「47」のように指定します.




\fbox{\tt $\backslash$koma\{位置\}\{手番\}\{駒\}}

駒を表示します.「位置」には,4七なら「47」のように指定します. 「手番」には,$\backslash$sente または $\backslash$gote を書きます. 「駒」には,$\backslash$gyoku$\backslash$ou$\backslash$hi$\backslash$ryu$\backslash$kaku$\backslash$uma$\backslash$kin$\backslash$gin$\backslash$narigin$\backslash$kei$\backslash$narikei$\backslash$kyou$\backslash$narikyou$\backslash$fu$\backslash$tokin のいずれかを指定します.



NAGAI Ayumu
平成13年9月14日