Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0078] 2002 年 04 月 21 日 曜日
そういえば

ちひろによく言われることを思い出した。

わたしって、ヒトを自宅に連れてきたときはそんなに無愛想ですか?何度もちひろにしかられているのですが……。
電話をしてたときに、わたしが何もしゃべんなくなって先方が心配してしまう、ということがこないだもあったなあ。被害にあわれたF岡氏、どうもすみません。
なぜそうなるのか自分なりに考えてみるに、別に話に飽きたとかそういうことではないように思えます。おそらく理由は、(1)話のネタを考えている、もしくは思い出している(2)何か別のことをしようと企んでいる、の2つのどちらかなんだと考えます。
ところで、今世の中に出回っているフォンノイマン型アーキテクチャに準じたPCに乗っかっているOSは、フォンノイマンな制約の中で一生懸命マルチタスクとかなんとか、つまりいろんなプログラムが「あたかも」同時に進行しているかのように見せています。
人間はどうなのでしょうか?計算機のようにオペレーティングシステムをバージョンアップすることができれば、日記を書きながら文章を読む、といったことがすらすらできる(「あたかも同時進行」でもよい)ようになるかもしれませんね。もしもそんな人間用OSができれば、人間の知的活動は飛躍的な進歩を遂げるかもしれません。

前後の記事