Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0133] 2002 年 06 月 15 日 曜日
院試説明会

午前、睡眠。午後、工学部6号館で大学院の説明会。F本氏とひさびさに。

院試の説明会がありました。
わたしどもの多くは、「情報理工学研究科・コンピュータ科学専攻」に進むことになります。きょうの説明会は、まず最初の1時間で「情報理工学研究科」全体のガイダンス、あとの1時間で専攻ごとに分かれて、すなわちわたしたちは「コンピュータ科学専攻」のガイダンス、という流れで進んでいきました。
情報「理工学」という名前のとおり、理学部の情報関連のところと工学部の情報関連(計数とか電子情報とか……)が集まっているわけですが、それにしてもたくさんの人で人で大変でした。ガイダンスのために用意された部屋で混み具合が150%くらい(座席を基準に)でしたから、おそらく主催者側もこんなに人が集まるなんて思っていなかったのでしょう。
コンピュータ科学専攻の方のガイダンスは、主に専攻主任の今井先生、そして、忙しい中をおしていらっしゃったという森下先生のお話がありました。こっちもかなり人がいてびっくり。「大阪から来た」という方もいらっしゃいました。また、先生も「地方の方からメールをもらった」とおっしゃっていました。ほとんどうちの学科の人かという予想は見事に裏切られました。
これだけの人が皆修士課程に応募してきたら、相当な「狭き門」になりそうです。ふたがあくとどうなるでしょう。

前後の記事