Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0164] 2002 年 07 月 15 日 曜日
願書・証明写真

【未明】いがじゃば。Equation Parser(もどき)の実装。【午前】地下で睡眠。【午後】願書。いがじゃば。帰宅後、遊園駅前スパゲティ屋。ヒゲをそってから証明写真。煮干にはまる。台風7号接近中。

 大学院の願書を有志数名で一緒に作成しました。皆で確認を取りつつ、気合を入れて書きました。
 きょうは (1) お金がなかった (2) ヒゲが伸びていた (3) 志望の動機はゆっくり書きたい、などの理由により願書を郵便局に持っていくことは止めました。とある用で丹羽さんに送ったメールの最後にこのことを書いておいたら、 それはその方がいいでしょう(笑)。 とのお返事をいただくことができました。願書提出を止めておいてよかったようです。
 遊園についてから、外で夕食を食べ、そのあといったん家に帰ってヒゲをそってから、ダイエーで証明写真をとってきました。ほんとうはヒゲをそらずにそのままとろうかという考えもあったのですが、それは千尋が許してくれませんでした。

【手の怪我その後】
 なかむ氏が while(1)ちひろさん、きずはだいじょうぶだったでしょうか?おだいじになさってください。 と千尋のことを案じてくれていらっしゃいました。ありがとうございます。
 千尋はきょうも稲田登戸病院に通院。消毒などしてもらったようです。この病院、小田急の車窓から見ているとぼろ病院にしか見えなかったのですが(失礼)、実際に利用してみると、そこそこ内装もきれいで、しかも大きな規模の病院なのに対応が迅速!内装は建て替え前の高岡市民病院(リンク先の写真は建て替え後の姿)のようなものを想像していただけに、見事に裏切られました。

前後の記事