Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0170] 2002 年 07 月 21 日 曜日
ロンブー龍

【午前】睡眠。【午後】自宅で静養。つまり何もしていない。ロンブー龍に出ていたらしい。

 17時ごろ、元クラのふじおか氏から電話。
 「だーがテレビに出てる」
 彼は神戸人なので、上のせりふは適当に兵庫弁?で読んでいただきたいところです。6月25日の日記で、わたしが赤門を通過する際にロンドンブーツ1号2号の赤いほうがいた、ということが記録されていますが、どうやらそれがオンエアされた模様です。通行人Cぐらいの役どころでしょう。いつもの赤Tシャツにサンダル姿。

 わたしがテレビに図らずも出てしまったのは自分で認識している限りではこれで2回目です。
 では1回目はどんなんやったん?というと、1回目は中学3年のとき。このときは、中学校の音楽の先生「レポ」(←「ドン・ジョヴァンニ」でレポレロ役をやったからだったはず)が地元の音楽ホール「小杉町文化ホール ラポール」でオペラをやる、ということになっていました。その練習だったか本番だったかのあとに先生に会いにいったのですが、そのときにちょうど地元テレビ局「KNB」も取材に来ていて、われわれも取材されてしまった、ということがありました。
 後日、それが KNB のドキュメンタリー「もっともっとToyama」で放映されて、わたしはほろ苦い(?) TV デビューを果たしました。このときは 学生E ぐらいの役でしたかな。みんな体操服で TV に出たところが中学生っぽいです。

 「レポ」先生、いまどうしてらっしゃるかな?どこかでまた太く短い首と音符柄の靴下をみせてもらいたいものです。それからバリトンの太い歌声も聴きたいですなあ。

前後の記事