Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0197] 2002 年 08 月 14 日 曜日
帰省

8月14日水曜日。【午前】5 時起床。向ヶ丘遊園→(小田急)→新宿→(JR中央線)→東京07:16→(たにがわ431)→08:51越後湯沢09:19→(はくたか4)→11:33富山12:10→(JR北陸本線)→小杉。【午後】疲れて昼寝。家族で夕食@草の家(砺波市)。【深夜】N 村、K 波両氏と S 先生を交えて談。

 帰還命令がでたので帰還しました。言われるがままにお土産を 7 つほど購入しましたが、道中重くて重くて仕方がありませんでした。

 東京駅からは、200 系 リニューアル編成 に初乗車。内装が昔の緑色の新幹線と比較してかなりモダンになっていました。昭和から平成へ。確実に時は進んでいますね。
 越後湯沢からは特急に乗り換え。きょうも JR 西日本の 681 系 がやってきました。この車両には「ホワイトウイング」という愛称がつけられています。こんなことを書いてしまうと、「雑記」ぼのぼの事件 の犯人がわかってしまいますね。あらら。
 繁忙期だけあって、あんまり接続のよい列車には乗車できませんでした。昼から 町立図書館 に行ってちょっくら勉強すっかとたくらんでいましたが、疲れてしまったのとちょうど雨が降ってきたのとあって結局寝てしまいました。起きるとすでに夕方でした。

 夕方からは 「草の家」 で夕食。家族 5 人が 10 畳の和室に通されて、そこでごはんを堪能しました。
 10 畳で一部屋なんて、さすが富山というか、さすが砺波というか、って感じです。今すんでいるこっちのうち全体よりも広いではないですか。砺波は富山県の中でもとくにでかい家が多い地域です。○○御殿と形容したくなるようなフツーの家がたくさんあります。とにかくでかい。そして隣の家が遠い。

 その後、幼馴染の N 氏 とどこかへ行こう、という話になりました。どこへ行こう?といろいろ思案しているうちに、たまたまかけた間違い電話の先の声の主が中学時代の恩師の声に似ていた、ということから、その恩師と飯でも食うか、ということになりました。携帯に電話をかけてみると、先生はすでにできあがってはいましたが、あってくれることになりました。
 途中でやはり幼馴染の K 氏も合流。4 人で昔話に花を咲かせました。笑いどころ満載の話だったのですけども、ローカル色が強いので書くのはやめておきます。

前後の記事