Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0198] 2002 年 08 月 15 日 曜日
墓参り/同窓会

8月15日木曜日。【午前】大島の開発(かいほつ)で先祖の霊を慰める。小杉IC→(北陸自動車道)→小矢部砺波JCT→(東海北陸自動車道)→福光IC。【午後】福光でふたたび先祖の霊を慰める。国道 156 号線を北上して高岡へ。高岡でみたび先祖の霊を慰める。いったん帰宅。荷物と家族を下ろして車で高岡駅へ。太郎氏とステーションデパート2階の文苑堂。18:30〜 理数科同窓会。杉本立夫氏も同席。

 同窓会の話は、昨日新幹線の中で聞きました(メールが来ました)。

【東海北陸自動車道】
 今、世の中では道路公団の民営化がうんたらかんたら騒がしいですけども、きょう走った 東海北陸道 は、先日道路公団が発表した路線別収支において、赤字ワースト 5 に入っています。
 あと一区間(五箇山IC〜飛騨清見IC間)できてしまえば名古屋と富山・石川をショートカット(従来は米原まわり)できるようになるので、いくらか、もしくはかなり「使える」路線になるとわたしは考えるのですが、将来どうなってしまうのでしょうか。あと 1 区間作ってしまって完成させるのか、それとも建設を凍結させてしまうのか……。

【同窓会】
 先祖に顔を見せたあと、高校の同窓会に出席して来ました。参加人数は 18 人ほど。幹事さまお疲れさまです。話の内容はやっぱりローカルなので大部分を割愛せざるをえませんが少しだけ。

 卒業してから 3 年半が経ちました。これからの進路が決まった人が多かったです。院試がすでに終わった人。就職が決まった人。来週にミャンマー(ビルマ)に飛んで活動を始める人。進路が決定していない人も(わたしも含めて)多数。
 杉本立夫氏は「たまねぎ」の力を借りて 20 年後を予想していましたが、早速「20年後のこともいいけどさあ、『先生の結婚』は予想せんがけ、先生?」と茶々が入っていました。とうの氏は「それは重要な問題ではない。」と逃げていましたがどうなんでしょう。

 連絡がつかなかった人も少なからずいたようですが、元気にしているのでしょうか?

前後の記事