Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0253] 2002 年 10 月 04 日 曜日
ついに……

【午前】睡眠。【午後】学校。執筆活動を始めようかな、と思う今日この頃。執筆といっても小説を書こう、とかそういう考えではない。

情報科学演習 II を担当されていらっしゃる 某助手の先生 (←リンクなんか張っちゃったら「某」をつける意味がどこにもなくなってしまうではないか!) が、学生の要望(?)によりマイクを使うことになった、という話を聞きました。ついに、というか、やっと、というか、そういう思いがある一方で、なんとなくどこかに寂しい思いも残ります。

去年は、演習の授業のときだけ人が前に固まる、なんていう珍現象も見られたのですが、今年からは見られなくなりそうですね。

逆に、午後に開講されている「連続系アルゴリズム」のほうは、214 よりも広い教室で講義をしますが 小柳先生 ならばマイクなしでもすみずみまで声が通りそうです。小柳先生からマイクをとっちゃうとあの「接近放送」(マイクに息を吹きかけるやつ) が聴けなくなって、それもなんか寂しいなあ。

前後の記事