Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0264] 2002 年 10 月 15 日 曜日
テレビ番組論議日テレ編

【午前】きのうのお絵かきが祟って 2 度寝。勢いで「暴れん坊将軍」を見る。【午後】学校へ。丹羽さんと卒論に関してのお話など。

家に帰ってからのことです。

千尋の前で、「磁石」という題で体を張ったネタ (このネタは激つまんないので永遠に封印することになるでしょう) をかましたあとに、トゥットゥットゥトゥトゥ……と戯れに歌ってみて、途中で止めてみたところ、なんと千尋が続きをやってくれたうえに、「合格と不合格の瀬戸際での欽ちゃんの一言」までやってくれました。そのあとにダメ押しの「トゥッ」。うれしかったので、わたしが「ちゃーちゃらちゃーちゃちゃちゃーーーしゅわっしゅわっしゅわっしゅわっしゅわっ……」と合格のときの音楽を歌ってあげました。何の番組が元ネタかみなさまわかりますよね?

なんか 2 人とも同じようなテレビ番組を見て育ってきたみたいで (民放が少なくて選択肢があんまりなかった、という説もあります)、ことテレビ番組に関する議論は非常にウマがあいます。しばらくテレビ番組についていろいろ議論してしまいました。

2 人の統一見解のひとつとしては、「ズームイン」は昔のほうが面白かった、という見解があります。昔のズームインは、朝 7 時になると徳光さんなり福留さんなりが出てきて、そのあとに全国の地方局をリレーしていましたよね。「……次は富山です、○○さーん」「はーい、富山です。富山は快晴。立山連峰が一望できまーす。現在の気温は 23 ℃、日中は気温がぐーんとあがって 30 ℃の真夏日になりまーす。次は……」という感じのテンションの高い中継が 5 分ほど続いていましたね。あれがすごく好きでした。

それから野球の時間も好きでした (コーナー名を忘れた)。タイガースは読売テレビ、ドラゴンズならば中京テレビ、……というふうに、その地方地方が地元のチームを精一杯応援する……わざわざテーマソングまで作って。「広島の赤ブチめがねのおっさんはどこに行ったのか?」とか 2 人で盛り上がっていました (消息をご存知の方教えてください)。

対して、今のズームインではどうか、というと、全国リレーはなくなっちゃったし、スポーツの時間もずいぶん縮小されました。昔からあの番組を見ていたわたしらとしてはすごく寂しいです。芸能ニュースとか、昔あんまりやってなかったことを今やっているようですが、芸能ニュースは裏番組の軽部さんの方が見慣れています。

……と、こんな感じで 2 人であーだこーだ話していたわけです。ここまで書いて、「is の人はきっとこんな時間に起きてないよな。」とか思ってしまいましたが、せっかく書いたので残しておくことにしましょう。

念のため付け加えておきますが、べつに福澤さんが嫌いってことではないですよ。「鉄腕!DASH!!」は TOKIO だけではきっとあそこまで大きな番組にまでならなかったでしょう。DASH も今やっている、村がどうなったこうなった、というネタよりも、深夜時代の、城島リーダーと松岡が納豆を作って納豆嫌いの山口美江に食べさせる、とか、山口 (達也) が寒天に飛び込む、とか、THE 鉄腕カップ 95 とか(古っ!)、ジョハリの窓とか(古っ!)、 その他もろもろの方が面白かったなあ。

このように「昔はよかったなあ」と懐かしむのは、歳をとった証左なんでしょうかねえ。

前後の記事