Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0269] 2002 年 10 月 19 日 曜日
野球/信長

オフ。【午前】睡眠。【午後】軽い頭痛に襲われる。輪講に向けて準備をしようと思っていたがぜんぜん進まず野球に興じる。

たまにはゲームの話でもしてみるか。

今まで簡単のために、やっている野球ゲームを「パワプロ」と称していましたが(パワプロも持っているが イチロー とか 新庄 とかまだ日本にいるころのやつ)、実はあれはウソで、今やっている野球ゲームは同じコナミが出している、「THE BASEBALL PARK 2002 バトルボールパーク宣言」ってやつです。基本的なシステムはパワプロと同じで、キャラクターがもっと実写っぽいものです。巨人の松井が顔をぐりぐりする姿や、近鉄の中村がホームランを打ったときにバットを捨てるしぐさ、また横浜の種田の構えなど、よくシミュレートしてます。動きは誰かにやってもらったのをキャプチャしてるんでしょうかね。

現在広島カープで 2002 年のシーズンを戦っています (甲斐選手が登場しないのが残念>みずなぎさん)。現実の広島カープは今年はロペスのこと (ここでは詳しく述べません) とかあって芳しい成績を残せませんでしたが、こちらの広島カープは (もちろん) 首位を独走中です。レベルは最強。操作はほとんどマニュアルです。

チーム打率は先日 3 割を超えました。野球という競技を成立させるためにはチーム打率 3 割くらいが限界でしょうか。レベルを下げると 6 割以上いけますがこれじゃゲームとして成り立ちません。

今の悩みはスライダーが打てないこと。基本的に見逃しですが、これだとストライクゾーンからボールに抜ける球に対しては有効ですが、逆にボールゾーンからストライクに入ってくるスライダーに対しては手も足もでません。中日の野口なんてどうやって攻略したらよいかわからず、ひたすらストレートを投げてくるのをまっています。

いつか歴史シミュレーションゲームもやり直してみたいなあ、と思うこのごろです。信長は武将風雲録、三国志は V 以降ぜんぜんやっておりません。つまりは高校に入ってからぜんぜんやってない、ってことです。

武将風雲録は武将の能力が頭にこびりついているので、いつか古本屋で「武将 FILE」を買ってきて、「能力値から武将を当てるぞゲーム」を細々と (4 年生の O くんや S くんを誘うのかなあ) 開催してみたいなあ、とたくらんでいます。「顔グラフィックから武将を当てるぞゲーム」でもいいなあ。

織田家の家臣に丹羽長秀という有能な武将 (ちょっと鍛えればすぐ軍師になった) がいてくれたおかげで、わたしは某助手の先生の名前を一発で読むことができました。ありがとう、信長の野望。ありがとう、光栄 (わたしのやっていたころはまだ コーエー にはなっていないころだった)。

前後の記事