Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0272] 2002 年 10 月 22 日 曜日
ハミガキほか

【午前】睡眠。【午後】学校へ。輪講準備。はせぴょん氏負傷。お大事に。

1 日あたりの記述量が多いかなあ……。読んでいらっしゃる方にはご迷惑をかけて申し訳ないです。

液体ハミガキ

先日千尋がわたしの家に液体ハミガキという文明の利器を持ってきたのでわたしもその恩恵を受けております。

まず液体ハミガキを口に含んで 20 秒ほど「くちゅくちゅハミガキしゅわしゅわハミガキ」。おもむろにハミガキをぺっと吐いたあと、わたしの場合は電動歯ブラシで浮いてきた歯垢を一掃します。

いざ液体ハミガキを使ってみると、歯垢がとれてる感触を実感できてなかなかよろしいです。逆に、モノを食べた後に歯垢がくっついちゃったなあ、ってのも実感できます。気が狂いそうなほどの気持ち悪さです。

神保長職

「神保長職って何さ?」という質問が飛んできたので答えておきます。

神保長職 (じんぼう・ながもと) とは、越中国の豪族で、信長の野望のいくつかのシリーズでは越中国を治める大名として登場します。

始まっていきなり、まわり中強敵に囲まれています:越後には長尾景虎 (のちの上杉謙信)、加賀には本願寺光佐。能登の畠山 (はたけやま) 家・飛騨の姉小路 (あねがこうじ) 家は強くありませんが、能登を滅ぼしたところで本願寺と隣接することには変わりなく、飛騨をつぶすと今度は斉藤道三という強敵が現れる、というにっちもいかない状況から始まります。上に挙げた畠山・姉小路のほか、下野の宇都宮家など弱小大名は多数登場しますが、ここはやはり地元の大名で、ということで、神保、とした次第です。

ただ (妄想で) クリアするだけでは面白くないので、オプションとして「神保覚広を軍師にする」というのを加えようかな、とか考えてました。陸前・蘆名家で松本図書助 (まつもと・ずしょのすけ) と金上遠江守 (きんじょう・とおとうみのかみ) を軍師にしたり (2 人とも軍師にするのは難度が高いかも)、武蔵・扇谷上杉 (おうぎがやつ・うえすぎ) 家で上田朝直 (うえだ・ともなお) を軍師にするのも面白そうですね、武将風雲録だと。

ところで、高校時代の同級生に、「神保の血を引いている」と豪語していた kimutix という人がおりましたが、本当なのかな?元気にしてるのかな?まさか、かかし を愛でに帰国する、ということはないですよね???

前後の記事