Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0273] 2002 年 10 月 23 日 曜日
歓迎会ほか

ひろかずさん妹誕生日。おばごん誕生日。弟誕生日。【午前】8 時 30 分起床。千尋と新宿まで。今井研セミナー。佐々木さん。【午後】今井研セミナー。西田さん。履修届提出。論文構成法。ちょこっと輪講準備など。上野で研究室歓迎会を開いていただく。ありがとうございました。湯島→(千代田線)→根津→(千代田線最終)→代々木上原→(小田急最終)→向ヶ丘遊園

きのうの反省もむなしくきょうも長くなりそうです。読んで下さっている方々ごめんなさい。

大江戸線

今朝乗った大江戸線は車内放送が変わっておりました。

今までは、駅を発車するたびに (日本語で) 「次は、●●」→「△△線はお乗換えです。」→(In English) The next station is XXX. (Ushigome-Kagurazaka とかかなり無理して言っています)→Please change here for YYY line. といった感じの放送だけだったのですが、きょう乗った大江戸線は、停止間際にもう一度 (日本語で)「○○ (駅名)、○○病院、○○大学へお越しのお客様は、この駅でお降りください。」という放送がかかるようになっていました。まるで路線バスみたいです。つーかたぶん都バスと同じおばちゃんがしゃべっています。なんかそうぞうしいです。

公立の施設ではなく、私立の施設を中心に案内している (本郷三丁目でも東京大学の案内をしてなかった)、ってことは、もしかしたら案内で広告料、とかとってるんでしょうか。

バスに乗ったのか地下鉄に乗ったのかよくわからん朝でした。

論文構成法

きょうの論文構成法、実は後ろで何もしゃべらず、ひっそりと内職 (輪講の準備など) しようと思っていました。が、自ら沈黙を破ってしまいました。

わたしの英語は自分でも聞くに堪えないのですが、あの種の講義は発言したもの勝ちですので、がんばれる日はがんばってみようか、と考えています。ネイティブの方とお話できる機会も貴重ですから。みなさまにはご迷惑をおかけします。

今井研究室歓迎会

研究室の方々が歓迎会を開いてくださいました。出席人数は 30 人ほど。研究室のメンバほとんど全員。

いきなり今井先生の真正面に座らせていただきました (「上座」に座らせて頂いて本当によかったのでしょうか)。しばらく先生や近くに固まっていた 4 年生、それから瀬田さんなどとお話。宴も酣になったところで、自己紹介。酔った勢いでベック君 (わたしの左隣で院試を受けていた「彼」です) をネタにしてしまいました。ごめんなさい、ベック君。

院試のとき、みずなぎ・ささき両氏とともにベック君とお昼ご飯に誘って食べていたのですが、そのときおもむろにベック君が「今井先生ってどんな方ですか?」と聞いてきました、という話を自己紹介のついでにさせていただいたのですが (自己紹介になってないか……)、すかさず某群馬県民さま (誰が何と言おうと蹴り野球は蹴り野球、なんだそうです) が「どう答えたんですか?」とツッコミを入れてくださいました。あのときは答えに窮しましたが、別に答えに窮するような回答を彼にしたわけではありませんのであしからず。

結局 3 次会までご一緒させていただきましたが、終電のため、あえなくタイムアウト。湯島の駅に近いところで飲んでいたのですが、わざわざ湯島の終電時刻まで教えていただきました。

でも、実は大変だったのはこれからだったのです。

湯島駅から千代田線初乗車

改札を通るとすぐに電車が来ました。JR 東日本の 209 系。千代田線といえばいつぞや 06 系で騒いでいましたが、209 系も 2 編成しかない貴重な電車であります。いきなり 209 系がやってくるなんて、なんと幸運なことか。とか勝手に思いつつ乗車しました。

ところがところが。

209 系には車内に LED の案内器がついているなあ、と思ってふと上を見上げた瞬間、予想だにしない光景が! (←ここガチンコ風にお願いします。)

次は 根津 。

がぁあん。逆向き乗っちまったい!しかもこれ終電でしょ?学校に泊まるの!?実は「根津2駅前」とか書いてあるんじゃないかなーと思い、もう一度 LED 案内器を見ましたが、ひたすら while (湯島〜根津間) {「次は 根津 」; sleep(2 秒くらい);「Next Nezu 」; sleep(2 秒くらい)「次は ネヅ 」; sleep(2 秒くらい)}。口をぽかんとあけているうちに根津に到着。とりあえず降りて、階段を上ることに。

そしたらちゃんとあったじゃないですか。「 0:19最終代々木上原」。きょうは拾ってくれる神様ばっかりでした。代々木上原では遊園行きの最終が待っていてくれて、無事終電で帰宅することができました。めでたしです。

前後の記事