Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0284] 2002 年 11 月 05 日 曜日
きときととやま

文化の日。【午前】……→5:36富山。車で自宅へ。朝食。睡眠。【午後】昼食。睡眠。16 時起床。車で高岡の千尋宅へ。「えびす」で夕食。千尋の従兄弟に中学数学を教える。【深夜】千尋宅の座敷で明け方まで読書。

上野発の夜行列車

富山で降りてみると雨が降っていました。やっぱ青森じゃないと旅情が出ないのかなあ。

東に向くと 立山連峰 がくっきりと。西に向くと真っ黒い雲、ときおり稲光。微妙な天気。ちなみに富山駅からみるとわたしの実家は西の方角にあります。

富山駅の改札口の上には「おめでとう、田中耕一さん」と書いてある横断幕が下がっていました。田中さんご本人もあの改札を何度か通ってらっしゃると思うのですが、どういう気持ちであの横断幕をご覧になっているのでしょうか?気になります。

ショッキングなニュース

報道されている内容を簡単にまとめます: 県教委教育参事 A 容疑者が平成 11 年、当時小杉南中学校(=わたしの出身中学校)の教諭だった B 容疑者が県教育センターに異動できるよう、B 容疑者・C 容疑者 (元富山大学教育学部講師で B 先生の恩師なのだそうだ)から要請を受け、希望が叶い翌年教育センターに晴れて異動になった。B・C 両容疑者はその謝礼として A 容疑者に 仕立券付背広生地 (20 数万円相当) を送った疑い (贈賄容疑)、 A 容疑者は 仕立券付背広生地 (20 数万円相当) を受け取った疑い (収賄容疑)がそれぞれもたれている。

B 先生はわたしが中学 3 年生になったときにうちの中学校に異動になられた先生です。つまりわたしが知っている先生なわけでございます。B 先生はわたしのことを忘れていらっしゃると思いますが (もっていらっしゃった学年も違いますし)、わたしはこの B 先生の名前を紙面で見つけて愕然としてしまいました。

記事を読んでいて、三者が三者とも互いに気を遣った結果、こういう事件になったのかなあ、という印象を持ちました。

これでわたしがお世話になったことのある先生が逮捕されたのは 2 件めです。もう 1 件のほうは、爆笑問題がネタに使ったほどの事件でした。ですが仲間内では有名すぎる話ですし、文章も長くなるので割愛しましょう。

座敷

座敷と廊下を仕切る障子を閉めるとそこはもう自分の空間。非常に集中して読書に励むことができました。実は明け方まで寝ずに読書していたりして……。人さまの家なのに。図々しいにもほどがある>自分への戒め。

前後の記事