Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0326] 2002 年 12 月 15 日 曜日
ハッ!

禁煙 29 日め。【未明】セミナー資料作成。おーけん先生に添削してもらう。【午前】睡眠。【午後】学校へ。作業。セミナー資料作成など。帰宅。【深夜】セミナー資料作成。

筆が進みません(泣)。

小田急立体化

世田谷代田〜経堂間の立体化工事が終わり、工事中の区間がみな高架もしくは地下になりました [参照]。工事中区間の踏み切りもすべてなくなりました。

今回は、あくまで「立体化工事」が完成したのであって、「複々線化工事」はまだ完成しておりません。複々線化工事のほうは、2004 年度 (小田急電鉄のプレスリリースより) 完成予定なんだそうです。

早速乗ってみました (っていうか学校行くためにはいやでも乗らないといけないんだけども)。今まで上り電車は、経堂を過ぎると減速→ノロノロ→下北沢って感じでしたが、きょう乗ってみると、経堂を過ぎるとおもむろに加速しだし、下北沢までそのまま突っ走ってくれました。実は速度制限がなくなっただけなのですが、体感速度はぜんぜん違います。

ところで、いつも思っているのですが、この電鉄会社 (の広報の人?) って「立体化」「複々線化」の言葉の使い方を間違えていませんか。『工事中区間の立体化が完成』『複々線化は、2004 年の完成を目指して全力で進めています』って、なんか日本語としてこなれていない気がします。言わんとするところは伝わってきますけどね。

書くならば、それぞれ『工事中区間が立体化』『2004 年の複々線化 (工事の完成) を目指して(以下略)』だと思うのですが、どうでしょうか。

さわやか

いつだったか「さわやか車掌さん」の話をここに書いたかと思います。きょうの電車でもそのさわやか車掌さんが乗務していらっしゃったのですが、やっぱりさわやかでした。

きょうはいつもより多めにさわやかしていらっしゃいました:原稿どおりではない、自分の言葉での車内放送。車内でのゴミ拾い。きめ細かい暖房の温度調節。はっきりした発音での『出発反応進行』の喚呼。さわやかです。しびれます。

特筆すべきは、車内を巡回していらっしゃるときに、優先席で携帯電話を使っていた客に対してペコペコ頭を下げながら何か言っていたこと。おそらく、携帯電話の電源を切るか優先席以外の場所で携帯を使ってください、といったことを言っていらっしゃったのだと思います。携帯電話に関して客に直接何か言う車掌さん初めてみました。さわやかです。ハイテクです。

あの車掌さんの乗っている電車に当たると素敵な一日が送れます。

和田アキ子

千尋が寝ているときに、京都に住んでいる千尋のおばちゃんから千尋の携帯に電話がかかってきました。

眠いからかわりに出て、というのでわたしが出ました。何度もお会いしたことある方でしたけどよかったのかなあ。いきなり男の声で電話に出て先方もびっくりされたんじゃないですかね。

謎だったのは着信音が和田アキ子 さんの『古い日記』だったこと。「ハッ」って曲です。「ハッ」。聴いたことのない方っていらっしゃらないと思います。

こないだ MD ラジカセの電源を入れたとたんに和田アキ子ベストが流れたのは千尋の仕業だったのでしょうか。

前後の記事