Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0335] 2002 年 12 月 24 日 曜日
あぶすと/くりすますいぶ

禁煙 37 日め。クリスマスイヴ。【午前】学校へ。アブストを一から書き直す。311 で睡眠。【午後】起床。アブスト修正。21 時ごろひと段落。帰宅。途中新宿でケーキを購入。

きょうはクリスマスイヴですが、われわれ学部 4 年生にとっては (修士 2 年生の方々にとっても) アブスト提出期限イヴでもあります。

アブストを一から書き直してみました

アブストを書いては見ていただき、いただいたご意見をもとに修正、という作業をここ何日か繰り返しておりましたが、修正して作っていくには限界を感じたため、ここで一気に一から書き直して、文章の「構造改革」をはかってみました。改革なくして成長なし。

まず、いただいたご指摘をすべて紙に印刷して「ご指摘集」を作成、そして PC から離れました。そして、「ご指摘集」とわたしのアブスト草案 (これも紙に印刷済み) をにらめっこして、文章全体の構造、それぞれの部分の重みをどうするか、言い回しをどうするか、など自分なりに詳細に詳細に検討しました。検討作業のみで夜が明けてしまいました。小田急の中で新聞を読みながら頭を休め、学校についてから一気にばしっと書き上げました。

でもこれで完成!ってわけではなくて、またいろんな方に見ていただいて修正作業を繰り返すというエンドレスな作業が続いたわけです。

ご協力いただいたみなさま、ほんとありがとうございます。

クリスマスイヴ

さて、表題のとおり、きょうはクリスマスイヴなわけです。千尋も忙しい中時間を空けてくれたので、すっぽかすわけにはいきませんでした。

アブスト修正作業に自分でケリをつけたのがだいたい 21 時過ぎ。すぐに新宿に向かいました。

新宿で何をしたかというと、ケーキ探し。こんな遅い時間にケーキを確実に売っているのは新宿くらいしかない、という思い込みのもと、大江戸線の改札を抜けてダッシュで長い長い長い長いエスカレータをのぼり (なんせ大江戸線なので)、メトロプロムナード (丸の内線の新宿駅の上) にやってきたところ……、すぐにみつかりました。よかったよかった。

で、すぐに江ノ島行きの急行に乗って遊園に戻ってきたところ……、なんと最寄のコンビニでまだケーキを売っていたことが判明。いやはや便利な世の中になったものです。

千尋が家に戻ってくるまで (なんか知らないが経堂の本屋にいた) ケーキのことは内緒にしておきました。駅で落ち合ったときは「ケーキないのーぶつぶつ」といわんばかりの形相でしたが、家に戻りケーキを発見したとたんにご満悦となりました。めでたしめでたし。

飲み物

実は、ケーキと一緒にクリスマス特有の瓶詰めの飲み物を買ってきていました。

どうして飲み物の名前を直接挙げずに外見の説明に終始しているかというと、瓶の開け方がわかんなくて賞味していないからです。

ふたの周りに意味不明な針金細工みたいなのがついていて、矢印のついているところを親指で強く押すとひらくそうなんですが……できませんでした。

前後の記事