Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0336] 2002 年 12 月 25 日 曜日
クリスマスからどんどん脱線

禁煙 38 日め。クリスマス。【未明】アブスト検討。休憩して本を読み出すがつまらなくて寝てしまったらしい。【午前】寝坊。学校へ。今井先生、丹羽さんにアブストを見ていただく。アブスト修正。アブスト提出。【午後】地下で睡眠。起床。御殿下でサッカー。御徒町で焼肉食べ放題。新御徒町→(都営大江戸線)→新宿西口→(徒歩)→新宿→(小田急)→遊園。

始発で学校に行くと豪語していたくせに寝坊してしまいました。心配してくださった方もいらっしゃったみたいで、どうもすみません。

クリスマス

田舎びとのわたしは街の明るさに圧倒されてしまいます。

街にでてみると、どこへいってもイルミネーション・イルミネーション・イルミネーション。あれだけ派手派手に夜景を演出するのって都会だからできることなんでしょうね。逆に、光量が中途半端だと街の灯りに負けてしまうからってのもあるんでしょうね。

きょう行った焼肉やの近辺はとてもおとなしい感じで、好感がもてるやら物足りないやら。

クリスマス in 高岡

高校時代、クリスマスが近くなると千尋と一緒に 高岡古城公園 (たかおかこじょうこうえん) の中を散策していました。

公園の近辺では毎年冬頃になると「たかおかイルミナイト・イリュージョン」と称して、数多くの電球をともします。都会のものに比べると規模は小さいかもしれませんが、大変美しかったように記憶しております。

公園の中に入るとあんまり人がいなくてゆっくりデートにはもってこいでした。都会はどこ行っても人で一杯。

高岡古城公園

高岡の街は、今年の大河ドラマの主人公の 1 人、前田利家 の嫡男、前田利長 (まえだ・としなが) が拓きました。利長は、江戸時代の初期に高岡城を築きましたが、その跡地が現在の高岡古城公園として残っています。

富山県出身のマンガ家、藤子不二雄さん 2 人 (適当な表現が思いつきません) が若かりし頃、よく古城公園を散策していた、という話も聞いたことがあります。マンガに対する熱き思いを語りあっていたのでしょうか。

ところで、高岡市内にはほかにも前田家ゆかりの地がたくさんあります:瑞龍寺 は前田利長の菩提寺で、国宝に指定されています。また、芳野中学校 の近くには 前田利長の墓所 があって、このへんでは千尋が小さい頃よく遊んでいたらしいです。

前後の記事