Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0337] 2002 年 12 月 26 日 曜日
忘年会の季節です その 4 ……だったかな?

禁煙 39 日め。【午前】睡眠。【午後】睡眠。起床。池袋へ。今井研忘年会。今井研忘年会二次会。臨時急行で帰宅。

今年もあと 5 日となりました。

忘年会

きょう研究室の忘年会がありました。

研究室のメンバだけでなく、OB のかたも数多くいらっしゃっていました。演習や講義などの関係で存じ上げていた方も何人かいらっしゃいましたが、ほとんどの方とは初対面でした。

時間の関係などで、お話できなかった OB の皆様へ簡単に自己紹介させてください:はじめまして、B4 のやまだです。よろしくおねがいします。

カタカナ語

国立国語研究所 が、日本で概念が定着していない外来語をカタカナにしてむやみに使うことはいかがなものかと、よりわかりやすい表現を検討しているそうです [参照]。

カタカナ語であれどうであれ、使われる言葉はそのまま定着し、使われない言葉は廃れる、それだけのことだとわたしは思っています。ただ、淘汰の過程で上記のような試みがなされるのは非常に有意義なことだとも思います。

わたしにとってのカタカナ語

きょう行ったお店のメニューにはカクテルの名前がずらっと並んでいたのですが、名前から実物の想像がつくものが数えるほどしかなかったため、オススメの商品をまわりにいらっしゃった識者の方々に次々に聞いて回ってしまいました。

帰ってきて何頼んだかな、と思い出そうとしても思い出せません……進歩がないなあ。水色の飲み物はなんというのでしたっけ?「同じものをもうひとつ」なんて頼み方をしてしまうと忘れてしまいます。

飲み屋だけでなく、パスタ屋でもメニューのカタカナと実物との対応がつかなくて困ってしまうことがときどき。わかんないときは馬鹿の一つ覚えでカルボナーラを頼んじゃいます。

前後の記事