Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0349] 2003 年 01 月 07 日 曜日
医者に行く

禁煙 3 日め。【午前】近所の内科へ。注射 3 本。薬がどさっと。【午後】帰宅。ぼけっとする。夕食後睡眠。
【昼食】わかめうどん。【夕食】ごはん。ブロッコリー。納豆。たまねぎ。

しばらくの間、わたしが何を食べたかも上に書いておくことにします。

医者

献血しようとして医者に行くことになろうとは夢にも思ってませんでした。でも現実は現実。

お医者さんの問診のあと、超音波検査をやることになりました。妊婦さんのお腹を検査して「おめでたです〜」とか言っているのと同じアレですね (見た目的にはそう思った)。

画面を見ながらお医者さんの説明を聞きました:肝臓の大きさは普通。脂肪肝には見た感じなってない。胆嚢が腫れている。膵臓も腫れている。わたしは肝臓と膵臓は画面で判別できましたが、膵臓はどれのことだかわかりませんでした。

今、感冒の症状を引き起こしているウィルスが膵臓にいらっしゃるらしくて、胆嚢に悪さをし、胆嚢の調子が悪くなったから肝臓も調子悪いんじゃない?というような話でした。

肝臓の働きをよくする薬の注射が 2 本と血液採取用の注射が 1 本。それから 8 種類の薬。こんなに薬を処方してもらったことなんて生まれて始めてでした。

続・ゆき〜

富山の雪、すごいみたいですね。わたしの 幼馴染の日記 に写真がくっついているのでリンク張らせてもらいます。彼の車が雪に埋まっちゃってます。平野部でこんなにどさっと (二晩で 60 cm ぐらい?) 雪降るのってどのくらいぶりでしょうか。

続々・ゆき〜

注射を打ってもらっている間、中年の女性看護士さん (今のご時世このように書かないとあかんのかな?) と話をしました。

この女性看護士さん、出身が新潟なのだそうでして、雪の話になりました。新潟のほうでも昔に比べて雪が少なくなった感じがするそうです。

前後の記事