Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0471] 2003 年 05 月 12 日 曜日
『2003 年新しい時代に』

【午前】睡眠。【午後】自宅→遊園→……→本郷三丁目→学校。作業。夕食。作業。学校→本郷三丁目→……→遊園→自宅。

高校時代の担任、杉本立夫さんから郵便が来てました。

中を開くと、1 冊の小冊子と 1 枚の紙。小冊子には上の表題のような題がふられたものでした。紙のほうに書いてあることを読んでみると、この小冊子は高校の図書館誌『書燈 (しょとう)』に寄稿したものの別刷りなんだそうで、読んでみてください、と書いてありました。

内容を概観すると、主に経済学の視点から今後の日本を予想して見ましょう、という感じの話です。わたしはそっち方面には無頓着なのですが、も少し読んでみようと思いました。

ただ、小冊子の装丁がなんかどこかの宗教が出している小冊子みたいな感じで、内容が内容だけにさらに宗教っぽく見えてしまいます (「たまねぎ教」という宗教なんだ、という説もありますが)。電車の中で立ちながら読んでいたら、前に座っていた女性の方が怪訝そうな感じで小冊子を眺めていました。

前後の記事