Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0535] 2003 年 09 月 22 日 曜日
「ご理解・ご協力をお願いします」

【午前】歯医者.【午後】自宅→遊園→……→本郷三丁目→ERATO.業務.学校へ.業務.ERATO へ.業務.夕食.業務.ERATO→本郷三丁目→……→遊園→自宅.睡眠.

歯医者さんで,来週麻酔をかけて歯石をとりましょう,と言われました.そんなに頑固なのか,歯石.がんばれ,歯石.

屁理屈?

遊園駅前にある,とある定食屋の入り口の階段の壁には,

当店は全席禁煙です.喫煙されるお客様には,ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします.
と書いた紙が貼ってあります (うろ覚えですが)

この文章って 2 通りの読み方ができると思います.すなわち,

  1. 当店は禁煙なので,たばこを吸うお客さんは当店の趣旨を理解して店の中ではたばこをすってくれるな.
  2. 当店は禁煙なんだけど,もしも店の中でたばこを吸うお客さんがいたら暖かい目で見てやってくだされ.
という,意味としては全く逆のの読み方です.店側が意図しているのは言うまでもなく前者なんでしょうけども,後者の読み方のほうがむしろ日本語として正しい解釈だと私は思います.「ご理解・ご協力」なんてなんと日本語のもつ曖昧さを十二分に発揮したすばらしい言葉なのでしょうか.

いたるところで「ご理解・ご協力」

「ご理解・ご協力」っていうと,私がいつも乗っている鉄道会社の車掌さんもいつも言っていらっしゃいます.「優先席付近では携帯電話の電源はお切りになり,その他の場所ではマナーモードに切り替えて (中略).ご理解・ご協力をお願いします」とか,「代々木上原駅ではバリアフリー化工事のため (中略).ご理解・ご協力をお願いします」とか.

この調子でもっと「ご理解・ご協力」を乱用してみたらどうだろうと考えてみました.たとえば,「本日も,小田急をご利用いただきましてありがとうございます.急行小田原行きです.ご理解・ご協力をお願いします.次は代々木上原に止まります.ご理解・ご協力をお願いします.」とか,「急行電車の待ち合わせをいたします.ご理解・ご協力をお願いします.」とか.

もうこのレベルまでくると,何を「理解」して,何に「協力」したらいいのかよくわかりませんが,でも現状でもどう「ご理解・ご協力」したらいいのかよくわからない「ご理解・ご協力」って偏在していると思います.ユビキタス・「ご理解・ご協力」.

前後の記事