Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0592] 2003 年 12 月 15 日 曜日
だらぶち!

ごめんなさい.でも一方でごめんなさいで済む問題でもないなあと強く思っています.

今回の問題は今回の件だけでなく,今回の件を含む一連の問題だと思うのですが,これは構造に起因する問題だとも思います.秋口,いや夏頃からこの「一連の問題」に私は頭を悩ませています.とても低俗な問題ですが,この「低俗な問題」に悩まされ,夜も眠ることができない日もあり,私の生活に多大な影響を与えています.

正直な話,こんな低俗な問題に私の限りある資源が吸い取られてしまう,というのはとてもばかげている話です.諦める (諦めることによって資源は解放される) か,強行策に出る (資源を使った結果はアウトプットされる) かどっちかにしないといけないなあと思いつつ,結局,何もやらないまま,資源を吸い取られるままで今年は去ろうとしています.そんな私を見て千尋はあきれています.自分でも馬鹿だと思います.

抽象的な話で申し訳ない.……と,また謝ってしまいましたが,「抽象的な話」であることは上の問題に比べれば非常に些細な問題だと思いますのでどうかご容赦を.自己満足で終わってもいいです.

昔はもっと喧嘩っ早かったのですが,最近はどうも丸くなったというか,元気がなくなったというか.吐くに吐けないものを溜めてしまうのも問題ならば,吐き場がないのも問題です.忌憚のない吐き場を提供してくれる方も 1 名いらっしゃいますが,いつまでもおんぶでだっこしていてもその方にとっても負担でしょうし.

表題

きょうの表題の「だらぶち」ってのは,富山弁で言うところの「だら」なひとを罵倒するときに使う言葉です.リンク先に用例がありますので,どうぞ富山県人を見つけたときにでも使ってください.リンク先でネイティブの発音も聴けますが,感情が高ぶってか勢い余っちゃってますね,声優のおっさん.

高校時代,日本史の H 先生 (自称槇原敬之似.世界史の K 先生には源頼朝に似ていると言われていたが謎) によく「だらぶち」呼ばわりされたのを思い出します.

前後の記事