Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0599] 2004 年 01 月 06 日 曜日
happy new year

遅ればせながら新年あけましておめでとうございます.今年もよろしくお願いします.年賀状をくださった皆様,この場を借りて御礼申し上げます.

年末年始はひたすら「休む」ことを念頭に置いて,一言で言えばごろごろしていました.意識的にごろごろしていたのもあれば不可抗力で寝ていざるをえないものもありました.

以下,年末年始のことを,こっちに残っていた千尋へのレポートも兼ねて (というかレポートそのものになってしまいました) ちょこちょこっと書いていこうと思っています.とりとめなく書くので長くなりそうだ,とあらかじめ断ります.

1 月 1 日:初詣

明治神宮で年明けの瞬間を迎えました.でもお参りができたのは午前 2 時ぐらいでした.さすが明治神宮.去年結婚した従姉妹が今月出産予定との話を聞いていたので,安産のお守りをプレゼント用に購入しました.

表参道まで歩いた後に,千代田線に乗って湯島で下車,湯島天神にもお参りしました.で,帰りは小田急線直通 (小田急線内急行) の臨時列車「初詣・初日の出号」で遊園まで直通.この電車にこのまま乗っていくと夜明け前に江ノ島に着いたはずですが,寒かったのと眠かったのとで行かずじまい.

1 月 1 日:帰省

帰宅後,がすっと寝てから準備をして最終の とき+はくたか で帰省.今でも「とき」と書こうとしてついつい「あさひ」と書いてしまうわたし.「サンダーバード」を「雷鳥」と呼ぶ年配の富山県人と大してかわらないや.

で,23:30 頃に富山駅に到着,そこから実家まで約 15 km,車を運転.親の車は年末に事故られたそうで新車になってて,その新車はまだ 100km も走ってませんでした.

1 月 2 日〜 3 日:親戚まわり

これでも一応私は本家の跡取りなので,帰省してからは新年の挨拶ということで,いろんな親戚の家を,ときには親につんだって,またときには親の名代として回ってきました.こてこての富山弁をうまくリスニングできなくなっている自分にちょっこし萎えました.

1 月 3 日:新年会

高校時代,3 年間クラスをともにした (注:私は理数科出身なのですが 1 クラスしかないためにクラス替えがない) 皆と,高岡駅で 1 年半ぶりくらいに対面.みんな昔から外見が変わっていないので誰が誰かすぐわかるのが非常によかったです.劇的に変わったと言えば S 氏の髪の毛がフサフサになっていたぐらいでしょうか.成人式のときに中学校時代の女の子たちの顔を見てもさっぱり誰かわからなかったのとは大きな違いです.

高校を卒業してもうすぐ 5 年,かの W 沢事件 (千尋の担任が逮捕された事件) からも 4 年の月日が経ち,みんなもう社会人になっているだろう,とのことで今回の会が企画されたとのことですが,参加者 20 人ほどのうち社会人は 3 人しかいなかったみたいです.みんな勉強が好きなのね.

高岡の御旅屋 (おたや,高岡市中心部の商店街) で学生風情が飲む場所というのは本当に限られていて,うちら理数科は 3 次会を大和 (だいわ,北陸の百貨店) 横の魚民でやったわけですが,見つけただけでも魚民では 3 組 (おばごんらち),それと下の白木屋ではラグビー部 (と 1 コ下の理数科?) が新年会をやっていたようです.ラグビー部の新年会は誘われていたもののダブルブッキングでいったん断ったのですが,同じ場所でやっていてくれて顔を出すことができてよかったです.

吐きそうになるまで飲んだのは久しぶりでした.朝 3 時に解散になって,高岡から小杉まで約 10 km を歩く気満々でしたが,車を出して頂けて助かりました.

1 月 4 日:新年会その 2

昼から福光の祖母の家に行って,叔父が汲んできたという穴の谷 (あなんたん) の水を小杉まで輸送 (さらに名古屋の大叔父のところへ運送屋を手配).夜は家族でご飯にいって,それからおやじ一徹氏,すなわち中学校のときの同級生と新年会.高校のときのとは違ってこっちは本当こじんまりと,でもこういうこじんまりとしたさまが非常によかったです.ボーリングとカラオケをしてきました.

カラオケで SEX MACHINEGUNS の scorpion death rock なる,私の音域から著しく逸脱した歌を歌ったせいか,喉が痛くなりました.さそりの毒にやられましたか.

1 月 5 日:●●始め

この日宇都宮から帰省してきたサンボ氏とゲーセンへ.運試しがてら,メダルでやるパチンコを今年初めてやりましたが,確変確変確変と,だらみたいに当たってしまって,早くも今年の運気を (ゲーセンの) パチンコで使い果たしてしまったかのような思いに駆られました.

原資の 5 倍に増えたメダルは持っていても仕方がないのでサンボ氏にプレゼント.そのあと GUSTO で飯.

1 月 6 日:帰京

というわけで,年末年始はよくいうならばリフレッシュに専念,悪く言うならば遊びほうけていました.まじめに仕事していらっしゃった皆様には申し訳ない気もしますが,自分にとって年末年始というのはこれぐらいのリフレッシュが必要なことだったと,寛大な目で見て頂けると助かります.

というわけで,改めて今年もよろしくお願いします.以上殴り書きでした.ところどころ富山弁が入っているような気もしますが気にしないでください.

前後の記事