Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0738] 2004 年 05 月 27 日 曜日
催促を受ける前に

このところたてつづけに興味深いメールが届いたので紹介します.送ってきてくれた方ありがとうございます.

「ふくらぎ」は方言か?

以前ここのページで,鰤の小さいのを「ふくらぎ」と呼ぶのは富山の方言か?という問いを発しました [03/09/21] が,新潟県小千谷市出身で高岡と縁のある生活をしていらっしゃるとある釣り人が先週メールで真相を教えてくださいました:

私が高岡に行くようになってからの知識の一つに、「こずくら」「ふくらぎ」「つばす」「はまち」「ぶり」と出世魚の順番があることをしりました。福井の知り合いからも「ふくらぎ」の言葉を聞いた事があるので たぶん富山  石川 福井の北陸地方には通じるランク付けだと思います。ほかの地方では「はまち」と「ぶり」の間に「めじろ」というサイズが入ります。(私が和歌山で釣り上げた60センチを漁師さんは「めじろ」と呼んでいました。ちなみに ブリは80センチからだと思います)
ということで,北陸圏内で通じる言葉だそうです.ありがとうございます.

釣り,ドリアン助川 (TETSUYA) さんのエッセイなんか見てると無性にやりたくなるときがあるんですが,私はいまだザリガニ以外のものを釣り上げた経験がございませんです.

寝技系

今スイスで武者修行している駒場時代の学生実験の相方が,日本の二大 (?) 政党を次のように例えてくれました:

年金の議論を見ても、福田さんの策士ぶりを見ても、「寝技」っていう日本独特の技術においては、自民党のほうが遥かに上だろうね。前から思ってたけど、格闘技にたとえると自民党ってのは「形(かた)」すら満足にできない。美しい蹴り一つ見せられないけど、実勢経験だけはやたら豊富で、隠れた反則技とか寝技が得意なタイプ。それに対して民主党は一人で「形」をやらせればみんながうなるような美しさがあるんだけど、「形」ばっかりやってるせいで実践が疎かになってるタイプ。

このたとえ話の少しあとのほうに「分かりにくいかな。」と彼は書いていましたが,私はこれを読んでいてとても分かりやすいと感じました.自分の脳内でごちゃごちゃしていたものを彼がアウトプットしてくれたって感じで.

海外にいると日本のニュースはネットぐらいでしか入手できずリアルタイムな国民感情が把握できないのが今の彼の悩みなのだそうです…….

前後の記事