Tagebuch ONLINE

[] 今月のもくじへ [▲▲] Tagebuch ONLINE Top へ

[0747] 2004 年 06 月 05 日 曜日
帰郷

どうせお盆には帰省しないだろうし,この辺で心身ともにひと段落つけておくべきだろうと,この週末は帰省しようと前々から考えていました.千尋から京都でおつかい (後述) してこいとも言われていたので途中で京都に寄ることにしました.

出発前

< p>おもむろにテレビをつけると全国ネットの報道番組に高岡の人がでていてこてこての富山弁 (高岡弁) をしゃべっていたので耳慣らしがてら聴いていました.下に字幕で標準語訳が出ていたのですが,富山弁固有の語彙がまったく字幕に反映されてなかったので,多分富山のひとじゃない人が字幕つけたんだろうなあ,とか思いながら見ていました.

切符購入

朝,みどりの窓口で,「東京都区内発,東京都区内着,経由:東海道線・湖西線・北陸線・信越線・ほくほく線・上越線」なる切符を購入.でもこの切符だと京都-山科間が微妙に入らないので別途京都-山科間の往復切符も購入しました.

私はいわゆる 乗り鉄 ではないのでこれまでこういう怪しげな切符は買ったことはありませんでしたが,窓口氏に「こういう経路で行きたいけどどう切符買ったらいい?」と聞いたら想定どおりのものをすんなり発行してもらえました.窓口のあんちゃんありがとう.ハイテク.

ちなみに,上記の経路で新幹線や特急に乗る場合,京都駅で改札を出なければ京都-山科間の切符はいりません [分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例] が,今回は京都駅で途中下車するのでいることになります.

鈴虫寺

京都でのおつかいがコレ.鈴虫寺お願い してきて,というもの.

お願いをひとつだけすればそのお願いを地蔵さんがかなえてくれるそうですが,千尋から預かってきたお願いのメモにはお願いがたくさん書いてありました…….遠隔地から地蔵さんへお願いする方法もあると住職さんがおっしゃっていたので千尋のぶんはお守りだけいただいてお願いは本人にやってもらうことにしました.何も調べずに行ったら人で人で わやく [富山弁ゼミナール] で困惑しました.

行きは京都駅から鈴虫寺行きのバスがあったのでこのバスに乗っていきましたが,乗ってから気がつきましたがこのバスは嵐山経由でかなり遠回り.桂川を十分に眺めることはできましたが最寄につくまでに 1 時間かかってかなりのタイムロス.帰りはバスに乗ると指定席を取ってあるサンダーバードに間に合わないと思ったので,上桂駅から阪急に乗って烏丸まで行き,地下鉄で京都駅まで移動しました.

富山へ

1708 京都駅発のサンダーバード 33 号で終点富山まで.途中福井・金沢・高岡にしか停まらないのってすごい (のぞみが静岡県内をすっとばしてくのと同じような感覚).湖西線の人身事故だかで小田急ばりのノロノロ運転を断続的にやってくれて,富山到着が定時より 20 分ほど遅れました.実家に帰ると「東京じゃ食べられんやろうから」とピーマンと茄子をふんだんに用意して親が待っていてくれました.

思えばサンダーバードに乗ったのって今回が初めてかなあ.雷鳥には小さいころ何度か乗りましたが,サンダーバードができてから関西まで富山から行ったことないしなあ.

前後の記事